活性酸素と老化


活性酸素とは?

テレビや本、サプリメントの謳い文句で皆さんもご存知の『活性酸素』。活性酸素は、文字通り酸素が活性化した状態で、化学的な反応を起こしやすい物質です。

活性酸素は、人体の中に存在し細菌やウイルスなどを攻撃する役目を果たしていると考えられています。しかし、活性酸素が過剰になると細胞や組織まで攻撃してしまい、病気や老化の原因になると言われているのです。この活性酸素を中和するものを抗酸化物質といい、ビタミンCやEが良く知られています。

スポンサード リンク

活性酸素と老化

活性酸素が老化に関係しているという説は、動脈硬化やアルツハイマー病、癌の発生などに関わっているというものなどいろいろなものがあります。遺伝子自体を傷つけて変異させてしまうという学説もあります。大気汚染や紫外線量の増加、ストレス、喫煙の習慣などが生活習慣病の要因となる説明にも活性酸素が登場してきます。

しかし、一方で活性酸素が老化とは無関係とする報告もあるようですから、どこまで根拠の確立した議論なのかは良く分からないところでもあります。老化という言葉が機能の低下を意味するとすれば、直接的ではないとしても何かしら関係しているようにも思われます。

ホルモンと老化 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
たるみ
ダイヤモンドピーリング
アロママッサージ
スマートリポ
二重埋没法
背中のにきび
エクサブラ
ボトックス注射でしわ取り
金の糸美容術・美容法
フォトフェイシャル


Copyright (C) 2008-2011 QWINTET Co.,Ltd. All Rights Reserved.