肌年齢と老化


肌の老化と肌年齢

老化というのを何で判断するかは難しいところですが、『老けている』、『老けていない』という話しをする時にはやはり見た目の若さによるところが大きいでしょう。つまり若く見られるためには肌年齢が重要ということになります。肌も他の器官と同じようにホルモンの影響などを受けて老化するので年齢は肌に現れやすいのですが、他の器官よりも外部からの直接的な影響を受けやすいので(紫外線やホコリ、化学物質など)環境や個人差が出やすい部分ともいえます。

肌を年齢別に考えると、比較的肌状態がおちついているといえるのは、20代と、60代以降だけと言います。若さとハリがあるのは、やはり10代ですが、10代の肌は新陳代謝が活発過ぎで、二次性徴ホルモンの影響を受け、皮脂の産出も多く、思春期特有のニキビの悩みが起こりがちです。
肌状態が比較的落ち着いているとはいっても、20代から肌の老化は進行していきます。目に付き始めれば、それらをシワやシミ、たるみ、などと言って肌の衰えを意識することになりますが、具体的には皮膚の組織で以下のような衰えが始まっていきます。
・徐々にターンオーバーが遅れていく。
・死んでいる皮膚細胞が残るようになり、厚みが増していく。
・角質層が均一なきめではなく、でこぼこし出す。
・真皮の膠原繊維(コラーゲン)と弾力繊維(エラスチン)の弾力が低下し始める。
・皮脂産出の減少

スポンサード リンク

肌年齢の測定・診断

肌年齢は平均的な肌の診断値と比較してどの程度の違いがあるかをみる目安です。デパートの化粧品コーナーなどでは以前から肌年齢の診断をやっているところがあります。SK?が最初に始めた記憶があります。私も数年前に診断してもらいましたが、実年齢より少し高めだったような・・・見た目だけなら多少自信があったのですが、乾燥肌なのがマイナスだったように覚えています。 キメ、ハリ、毛穴、肌トーンを解析して肌の状態をチェックするものです。

活性酸素と老化 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
たるみ
クリスタルピーリング
ピーリング石鹸
エンダモロジー
セルサージュ
二重切開法
レーザー脱毛
胸が大きくなる仕組み
エクサブラ
フォトフェイシャル


Copyright (C) 2008-2011 QWINTET Co.,Ltd. All Rights Reserved.