ホルモン補充療法


ホルモン補充療法とは?

老化を促進するホルモンを抑制し、老化を後退させるホルモンを活性化させる治療法です。基本的には、体の中で分泌されている様々なホルモンは、年をとると分泌量が少なくなってしまうようです。そこで若いときに比べて足りないホルモンを全身に、または局所に補ってあげる、これがホルモン(補充)療法というわけです。

外からのアンチエイジングとしては手術やコラーゲン注入などがあげられますが、「体の内から若返る」ホルモン療法も次第に注目を集めるようになってきています。まだまだこの治療は発展途上といわれていますが、応用できる分野がかなりあるようで、肌に張りがでる、しみやしわを減らすなどの効果が期待できるといわれています。日本ではそこまでメジャーではありませんが欧米ではかなり普及しているようです。

スポンサード リンク

ホルモン補充療法の効果

ホルモン療法による抗老化の効果としては、体力や精力増進、筋重量、骨密度の増加、癌や心臓病の予防、血糖値の低下、糖尿病治療、傷口の治癒力の改善、コレステロール値の改善等など、実に様々なものが挙げられています。

特にヒト成長ホルモンHGHやIGF-1の補充を目的としたいろいろな製品が海外ではすでに売られていますがやはり注射が一番効果的と考えていいようです。ただし注射によるHGHの補充療法は熟練した医師の監督の下で行う必要があります。
この療法には副作用 があることも報告されているかからです。しかし医師の監督下にあれば投与量をコントロールすることで比較的簡単に抑えることが出来るとされています。

アンチエイジングの医療 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
ダイヤモンドピーリング
サリチル酸ピーリング
リンパマッサージ
ターボセル
エンダモロジー
セルライトソリュージョン
二重埋没法
胸が大きくなる仕組み
乳房再建
金の糸美容術・美容法

Copyright (C) 2008-2011 QWINTET Co.,Ltd. All Rights Reserved.