更年期のホルモン療法


更年期のホルモン療法

女性の更年期は女性ホルモンが減少する事に起因すると言われます。卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量が急激に減少する事により、全身のホルモンバランスが乱れ、自律神経の不調、精神不安定、肌のトラブル、さらには骨粗鬆症や動脈硬化、高血圧といった病気にまで関係するといいます。

こうした更年期の急激なホルモンバランスの変化を抑え、女性機能を改善させる目的で行なわれるホルモン療法があります。

スポンサード リンク

更年期のホルモン療法の注意点

女性ホルモンの投与は全身の活力向上、精神的な健康、不眠の改善、性欲の回復、肌のハリやつやの向上などに効果があるといわれていますが、実際には殆ど意味が無いという報告もあります。

それ以上に注意すべきなのは、副作用の問題です。投与するホルモン量が多すぎるのが一番の問題のようです。また、 エストロゲンとプロゲスチンを組み合わせた療法については、 心臓の不調や卒中、血栓などの深刻な症状のリスクを高めたり、発がん性が向上するといった問題点も指摘されているため、注意が必要と思われます。

ホルモン補充療法 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
腋毛
オドレミン
たるみ
ピーリングジェル
アロママッサージ
脂肪吸引
セルサージュ
プエラリア
鼻を高くするプチ整形
フォトフェイシャル

Copyright (C) 2008-2011 QWINTET Co.,Ltd. All Rights Reserved.